オレたちゲーセン族 テラクレスタ 日本物産 ハムスター

オレたちゲーセン族 テラクレスタ 日本物産 ハムスター 2005年10月27日発売

画像

今日別の物を探しにブックオフ巡りをしていた所、お目当ての物は無かったのですが、折角遠くのブックオフまで来たのだからとフラッとゲーム売り場を見てみたら(ブックオフはゲームはドロボー価格なのでいつもは見ないのですが)オレたちゲーセン族のテラクレスタが500円で売っていました。テラクレスタは結構好きなゲームなので500円の価格を見て迷わず購入しました。

画像

ネットで評価がイマイチのオレ達ゲーセン族シリーズには手を出しておらず、初めての購入です。超豪華7点セット!とパッケージにあり、ソフト、DVD、CD、解説書、ガイドブック、インストカード、コレクションカードの7点です。中古でありながら全部揃っていました。前のオーナー、有難う!!

画像

懐かしのタイトル画面です。早速プレイして見ますと何かテンションが上がりません。なんでかな・・・と思ったら、あの脳天にキンキン刺さるニツブツ特有のミュージックでは無く、ファミコンの音色を少し増やしたようなPSG音源でした。。。あのミュージックも魅力なのに。。残念。。。。

画像

とはいえ、以外と作りはしっかりしてましてオプションモードで難易度や残機、画面サイズなど変更も出来ます。連射も設定されています。

画像

ゲーム画面でポーズが出来ない為タイトル画面となりますが画面サイズノーマルです。

画像

画面サイズ フルスクリーンです。(少し横に伸ばした感じ)

画像

画面サイズ フィットです。(縦画面でアーケードに近い感じ)

画像

画面方向がアーケードA・B(左右に倒し方が選べる)も有ります。

画像

付属のDVDです。CMやノーミスでマンドラ―撃破など結構充実した内容です。

画像

ゲーム画面がポーズがかけられない為DVDから拝借します。

画像

私がプレイした感じでは、音楽以外ゲーセンと変わらぬ感覚です。

CDにはミュージックの他、SEも1個ずつ収録されており、アレンジバージョンもあり、よく出来ています。残念ながら思い出のFM音源バージョンの収録は無かった為、BEEP復刻版のソノシート復刻盤を聞いてようやく納得出来ました。

総評
オレたちゲーセン族シリーズは1本収録2000円でそこまで思い入れのあるゲームが無かったのと、ネットでの評価もイマイチだったので購入した事が無く、500円に惹かれて初めて購入しました。
んが!!これは思っていた以上にいい商品でした。オマケのDVDやCDも充実してましたし、印刷物もオマケと思えば十分です。これで2000円ならば思い入れのあるタイトルならば間違いなく買いだと思います。
んがんが!!!!残念ながらこのシリーズ、発想は素晴らしかったものの、商品にした場合にまず オレたちゲーセン族 というふざけたタイトル(ひょうきん族のパロディなのでしょうが)や安っぽいパッケージ、更に致命的なのが完全移植を謳っていながら肝心のゲームの移植度が低い物も多かったようで、非難轟々となりシリーズも幕を閉じてしまったようです。
私のようにエミュレーターでは無く実機で、かつダウンロードでは無くパッケージでプレイしたい人も少なからずいるはずです。もうちょっとそのゲームに愛のある人がキチッと移植して、パッケージ等もコレクション心をくすぐるような装丁にしていたら名作シリーズになったかもしれないのに、本当に心から勿体ない企画だったのではないでしょうか。
アーケードとの違いが分からない、私位の中途半端なプレイヤーでしたら500円なら買って損無しです。



オレたちゲーセン族 テラクレスタ
ハムスター

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オレたちゲーセン族 テラクレスタ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

NG エヌジー ナムコ コミュニティマガジン (NG namco)

NG エヌジー ナムコ コミュニティマガジン (NG namco)

画像

1980年代~ナムコが主に直営のゲームセンター等で配布していた小冊子 NG(エヌジー)です。
当初は季刊として始まり、途中から月刊誌となり配布箇所も大きめのおもちゃ屋等にも置かれるようになりました。が、何と言ってもNGと言えば季刊時代でしょう。この季刊時代のNGには思い出が詰まっています。もっと所有していましたが親に捨てられたりと、残念ながら生き残っている季刊NGはこの4冊しかありません。

画像

裏表紙はナムコットの広告です。当時何とも感じなかった
2001年の大人(クリエイター)たちへ。というコピーを読んだだけで涙目になってしまいました。

画像

中は特集記事や、ナムコ最新作の紹介、小説、読者コーナー等多彩です。

画像

FCのワルキューレの紹介記事では左下にパッケージのボツイラストが。

画像

ロケーション通信では、各地のナムコ直営ゲームセンターの紹介が。

画像

読者コーナーです。

画像

巻末にはナムコグッズの通信販売が。ネット販売など無い当時は雑誌の通信販売は貴重でした。

画像

おまけですが、私も読者コーナーに掲載された事があり、送られてきた記念グッズのNG筆入れです。すでに四半世紀愛用しています。

総評
私が最初にファンになったゲームメーカーはナムコでした。友達もみんなナムコが大好きでした。私たちの年代でこの頃のナムコが嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。
ゲーム自体も素晴らしい作品を送り出していたのはもとより、ゲームセンターは不良の溜まり場みたいなイメージの時代に直営の明るいゲームセンター作りをして業界のイメージアップに努めたり、このNGやラジオWAアメリカンというラジオ番組の提供等でファンとの交流作りを行うなど、紛れも無く業界を引っ張るトップメーカーでした。
ラジアメの企画でナムコ本社の見学ツアーが有り、友達と行った際には将来は絶対ナムコに就職するんだ!!と大興奮で誓いあいました。

2001年の大人(クリエイター)たちへ。。。
あの頃夢に溢れていたナムコが2000年代にこうなってしまう事は当時夢にも思いませんでした。。。

セガ アーケード ファミコン移植作

セガ アーケード ファミコン移植作

画像

セガ家庭用ゲーム機の永遠のライバルであった任天堂。中でも最大のライバル、ファミコンにもセガのアーケードゲームが移植されていますので紹介致します。

画像

ファンタジーゾーン 87年7月20日発売 サン電子 

画像

これはもう説明もいらない作品です。マークⅢで散々遊び倒していた私には、サン電子からファンタジーゾーンが出ると聞いても「ケッ、スーパーアラビアンのサン電子に碌な移植が出来るはずねえぜ!!」とドヤ顔で(当時この言葉はありませんでしたが)マークⅢで遊んでいましたが・・・

画像

予想に反する素晴らしい出来で

画像

これはこれで遊び倒すのでした。

画像

エイリアンシンドローム 88年12月2日発売 サン電子

画像

アーケード版のエイリアンシンドロームが大好きだったのですが、マークⅢ版が・・・な出来でした。ファミコン版は2人同時プレイも可能です。

画像

ちゃんとこんなデモ画面も入ってます。

画像

ファミコンにしては十分な出来栄えです。

画像

ボスもアーケード版に結構似ています。ただ発売したのがチョット遅く、エイリアンシンドローム熱はすっかり冷めてました。

画像

スペースハリアー 1989年1月6日発売 タカラ

画像

マークⅢ版の衝撃移植から2年後に出てますが、今さら何でファミコンで・・・としか感じませんでした。マークⅢ版の移植となっているようですがキャラは圧倒的に小さく、色味も地味で残念です。

画像

特にボスキャラは小ささが際立ちます。

画像

アフターバーナー 1989年3月30日発売 サン電子

画像

アフターバーナーとなっていますが、2の移植になっておりスタートボタンで加速が出来ます。

画像

ローリングも当然再現されています。

画像

デモやボーナスステージも再現されており、キャラは小さいもののアウアーアーアーよりよっぽど楽しめます。

画像

獣王記 1990年7月20日発売 アスミック

画像

これは久々にギョエーな移植作ですな・・・アーケード出てから2年程後にこの移植。なんでかなあ?獣王記は他機種にも多く移植されていますが海外発売がメインなのでしょうか?

画像

獣人化したらほとんど無敵。FCボンバーマンの耐火スーツを着た様な爽快感です。

画像

か~め~は~め~波~!! 右下の残機数の可愛さなど突っ込みどころ満載です。

画像

ところがなんだかんだ言って熱中してしまいました。ボスはイイ感じです。

*この他にファンタジーゾーンⅡも移植されていますが、マークⅢの移植の為(厳密に言えばアーケード版も有りますが)割愛しております。

総評
子供の頃は、PCエンジンやファミコンに移植されるセガゲームを見る度に「なんでセガはライバル機に移植させるんだ!!セガ機でこそ真の移植が出来るのだ!!」と熱い気持ちで語っていましたが、どこかの雑誌のセガへのインタビューで、何故ライバル機種への移植を許すのかという問いに、「他機種しか持っていない人達にもセガのゲームに触れてもらいファンを増やしたい。そうすればセガのゲーム機も売れてすそ野が広がる」みたいな事が書かれていて、セガの懐の深さを感じ、ますますセガ愛は深まったのでした。
大人になって冷静にみれば、ライセンス料で儲けようとしたのかとか、ファミコン等の劣化移植を見せて自社ハードの優位性を見せたかったのかと、うがった見方も出来ますが、ライセンス収入で上げた利益が結局はセガのハードやソフトの開発費に廻ったのでしょうから、この頃のゲーム業界は共存共栄と言いますか、このぬるい感じも良かったな~と改めて思いました。

ダライアスR ゲームボーイアドバンス(PCCWジャパン 2002年12月13日発売)

ダライアスR ゲームボーイアドバンス(PCCWジャパン 2002年12月13日発売)

画像

知る人ぞ知る珍ゲー?ダライアスRです。元の作品はタイトーの名作ですが、PCCWジャパンと良く分からないメーカーより発売されています。今回調べてみましたらどうやら私の知るジャレコが買収されて、一時PCCWジャパンとなっていたようです。

画像

タイトル画面です。ゲームはARCADEとONESTAGEの2モード有り、ARCADEは通常どおりステージ1から分岐してエンディングを目指すモード、ONESTAGEは任意の好きなステージを選んでそのステージだけを遊ぶモードとなります。

画像

ONESTAGE ステージ選択画面

画像

ZONE A アーケードに近い雰囲気ですが、BGMがなんでこれやねん・・・(関東人ですがこんな気持ちです)

画像

ZONE A KING FOSSIL かなり大きく表現されています。

画像

ボスを倒すとおなじみの分岐があります(ARCADEのみ)

画像

次のステージへ(ARCADEのみ)

画像

ZONE B・D・F(同じ背景で敵の配置が違います。以下同様です)

画像

ZONE C・E・G・J

画像

ZONE L・N

画像

ZONE K・O

画像

ZONE H・I

画像

ZONE M

画像

ボス登場 告知

画像

これまた大迫力。これだけ見たら名移植作品と思っちゃいます。

画像

ONESTAGEはハイスコアネームを入力して終了となります。

総評
本当に微妙なゲームです。さすがジャレコ・・もといPCCWジャパン。
敵キャラやボスはアーケードの雰囲気が十分に出てますし、2重スクロールするステージもアーケードと異なる雰囲気の面もありますが、なかなか綺麗です。パッと見てダライアスだと分かる出来栄えです。
しかしながら、ダライアスの魅力のひとつでかつ大きなウエイトを占める音楽が何じゃこりゃ??の連続です。曲の使用順が変わってたり、差し替えられているのはまだ100歩譲って我慢するとしても、ご存じの方も多いと思いますがゾーンHとIのボス戦ではセガのファンタジーゾーンのYA-DA-YOが使われています。これどういう事なんでしょうか??どういう経緯でこうなったか全く理解不能です。アーケードゲーム黎明期のコピーゲームが氾濫していた時代ですら、音楽ちょこっと変えたりしてたのに丸パクリとは・・・製作者の良識を疑います。
ゲーム自体もアーケードには当然及びませんが、このゲーム内容でアーケードと同じ曲さえ当てていれば、相当楽しめる内容となりかつ評価ももっと上がった事でしょう。
ま、家でダライアスやりたくなったらPCエンジンのスーパーダライアスやってればいいのでそんなに目くじらを立てる事も無いかもしれませんが・・・

バーチャファイター2 (Virtua Fighter2) メガドライブ版 セガ 

バーチャファイター2 (Virtua Fighter2) メガドライブ版 セガ 

画像

海外メガドライブ版のバーチャファイター2です。海外発売のこの手の対戦格闘ゲームはうさん臭いハックロムみたいのも多いですが、これはれっきとしたセガオリジナル品です。写真のソフトは国内版本体で動作しましたが(ワンダーメガで起動)海外メガドライブソフトは色々なバージョンがありますので購入の際には注意が必要です。

画像

タイトル画面です。MEGA DRIVEの文字がまぶしいですね。

画像

キャラクター紹介のデモ画面です

画像

キャラクター選択画面です。ここまではなかなかアーケード版の雰囲気出てますが、キャラクターが少なくなってます。

画像

AKIRA VS LAU ゲーム自体は2D格闘となっていますが、地面の描き方や背景の多重スクロールで雰囲気は大分出ています
画像

リングアウトも当然あります

画像

勝利画面
画像

さあ、次のステージへ

画像

VS SARAH

画像

VS PAI

画像

VS JEFFRY

画像

VS KAGE

画像

VS JACKY

画像

VS WOLF

画像

VS AKIRA

画像

VS DURAL

総評
バーチャファイター(1)を初めて秋葉原のハイテクセガでロケテストで見た時の衝撃は今でもハッキリ覚えています。こりゃ凄ぇゲームが出たぞ・・と。何と言いますか、未来のゲームが目の前にある、そんな感覚でした。
2が出た時は更に美麗に滑らかになったキャラクターに驚嘆し、サターン版が出た時は遂にセガが天下を取れる!と涙が出る程嬉しかったりと(その後悲しみの涙になるとはこの時点では想像出来なかった)思い出のゲームであります。
このメガドライブ版はまだまだ海外では現役だったメガドライブ(GENESIS)用として海外のみの発売となっています。2D格闘となっていますので本来のバーチャファイターとは全くの別物ですが、コレはコレで大いにアリというゲームに仕上がっていると思います。エンディングのスタッフロールを見ると日本人スタッフにより製作されている事が分かります。海外のみの発売でありながら海外の下請けメーカーに丸投げする事なく製作された事からも、バーチャ愛に溢れた1本なのではないでしょうか。

アウトラン (Out Run) セガ 移植作 各機種比較

アウトラン (Out Run) セガ 移植作 各機種比較

画像

1986年にアーケードで大ヒットしたアウトラン。私くらいの年代の方でこのゲームが嫌いだった方は余りいないのではないでしょうか?うちにあった移植作を並べてみます。

画像

1996年9月20日発売 セガサターン版(これがアーケード同等なので基準となります)

画像

1987年6月発売 セガマークⅢ版

画像

1990年12月21日発売 PCエンジン版

画像

1991年8月9日発売 メガドライブ版

画像

海外GBA セガアーケードギャラリー版

画像

1991年8月9日発売 ゲームギア版

画像

セガサターン スタート画面

画像

マークⅢ スタート画面 何気に観客席を表現しているのはマークⅢ版だけですね(しかも両側にある・・)

画像

PCエンジン スタート画面

画像

メガドライブ スタート画面

画像

GBA スタート画面 左側のカメラマンが居ないようです(機材ボックスはありますが・・)

画像

ゲームギア スタート画面 唯一スタート幕がありません

画像

セガサターン WALLS 国内版とUS版で空の色が違います。

画像

マークⅢ WALLS 流石に岩の壁は描けなかったようです

画像

PCエンジン WALLS 岩壁を頑張ってますがやっぱり迫力に欠けます

画像

メガドライブ WALLS 国内版の為青い空です。岩壁と草も再現しています。 

画像

GBA WALLS 岩壁をだいぶ表現出来てます

画像

セガサターン CLOUDY MOUNTAIN 雲のトンネルを抜けて行きます

画像

PCエンジン CLOUDY MOUNTAIN 余り曇って無いようです

画像

メガドライブ CLOUDY MOUNTAIN 頑張って雲も表現しています

画像

セガサターン ALPS 花や風車が綺麗です

画像

マークⅢ ALPS 風車で雰囲気を出しています

画像

PCエンジン ALPS 花や風車もだいぶ小さいです

画像

メガドライブ ALPS だいぶ雰囲気出てます

画像

GBA ALPS もっと表現出来そうですが、意外とシンプルです

画像

セガサターン BIG GATE 流石アーケード版はデカイ石柱でもバンバン出せます

画像

PCエンジン BIG GATE これが精一杯でしょうか

画像

メガドライブ BIG GATE メガドライブの意地を見せました。かなりの迫力です

画像

セガサターン OLD CAPITAL この哀愁漂う雰囲気が大好きなコースです

画像

メガドライブ OLD CAPITAL なかなか雰囲気が出ています

画像

GBA OLD CAPITAL これも雰囲気出ています

画像

セガサターン STONE HILL 巻き上げる砂利まで表現されています

画像

メガドライブ STONE HILL 雰囲気は出ています

画像

セガサターン ゴールシーン

画像

メガドライブ ゴールシーン

総評
アーケード版のアウトランは名作中の名作であるのは間違いありません。ステージごとにガラッと変わる美麗なグラフィックに素晴らしいミュージック。当時免許の無かった私にもドライブの楽しさを存分に味わせてくれました。
今回は各機種比較なので独自にレビューさせて頂きますと、
マークⅢ版はゲーム機最初の移植作で、当時マークⅢに入れ込んでいた私には、Beepでアウトランが出ると見た瞬間から、アーケードの完全再現が出来るはずもないと思いつつもスペースハリアーの奇跡の移植を体験したあとだけに大いなる期待を抱いたのでした。実際にはアーケードには遠く及ばないものの、FM音源に隠れて対応していたりアップダウンでアーケードに近い面構成などこれはこれで相当やり込みました。
PCエンジン版は、記憶の中ではイイ感じの移植だと思ってましたが、今やると思い出補正も少なく静止画は綺麗ながらもプレイ感覚はチョット物足りなく感じました。
メガドライブ版はアーケードから5年後の移植で、今さら移植してくれたのはメガドライバーの熱い期待にセガが応えてくれたファンサービス面も大きかったと思います。かなり頑張ってくれていてミュージックはアーケードに近い出来で各ステージもかなり近い雰囲気で良く出来ています。しかし色味はメガドラ特有の濃い色調でアーケードから5年後でも完全移植には程遠く、逆にアーケードの素晴らしさを再認識させられた覚えがあります。
GBA版は4本入りのオムニバスで携帯機用なのでチョット遊ぶのに十分な出来だと思いますが、いかんせん海外のみでの発売だったのが腹立たしいです。
ゲームギア版はマスターシステムの移植かと思いきや、そうではなく新作なところに良くも悪くもセガらしさを感じます。
アーケードから10年後にサガサターン版でようやく完全移植となりました。私にとってはこれがアーケード版と同じにしか見えませんので一生の宝物です。PS2のセガエイジス2500シリーズで何故アウトランコンプリートコレクションを出さなかったのか未だに不満です。セガさん今からでもどうか出して頂けないでしょうか。

当ブログ 移植作 各機種比較
大魔界村 http://min38.at.webry.info/201103/article_7.html
ギャラクシーフォース http://min38.at.webry.info/201104/article_14.html
獣王記 http://min38.at.webry.info/201105/article_8.html
フォゴットンワールド http://min38.at.webry.info/201106/article_3.html
エイリアンシンドローム http://min38.at.webry.info/201107/article_2.html

GENESIS NOMAD SEGA (ジェネシス ノーマッド セガ) 1995年10月発売

GENESIS NOMAD SEGA (ジェネシス ノーマッド セガ) 1995年10月発売

画像

セガの携帯型ゲーム機ジェネシス ノーマッドです。メガドライブの携帯型で海外のみの発売でした。

画像

正面です。十字キーもカチカチと節度感があり、6ボタン仕様で操作感も良好です。

画像

天面です。左から電源・ACアダプター電源・カートリッジ差し込み口・AV出力となります。

画像

下面です。左からボリューム・ヘッドフォン端子・2P用コントローラー端子・液晶明るさ調整です。
携帯型ゲーム機でありながら2P用コントローラー端子が付いているのが気が利いてます。TVに繋いでプレイする事も重視されているのでしょう。

画像

裏面です。バッテリーパックを取り付ける溝が切ってあります。

画像

バッテリーパックです。メッチャ軽いのですが・・・

画像

この様に取り付けます。

画像

実は中に単3電池を6本入れて使用します。入れて使った事ありませんが結構重くなりますね。

画像

ゲームギアと並べてみました。ゲームギアより少し小さく、少し厚いように思います。

画像

ACアダプターで電源を入れた所です。液晶はバックライト式でコントラスト調整も有り綺麗です。音声が少しノイズが入った感じがしますがガザガサ声はMD家の伝統でしょうか。。

画像

TVに繋いだところです。TVに繋いでも液晶画面は点いており音声も出てます。音声がダブり不思議な感じです。

画像

最後に折角出したのでまたもゲームギアに繋いでみました。液晶の綺麗さも色味も全然違います。ゲームギアより5年後ですから当然ですが・・・

総評
1995年ですと国内ではセガサターンやスーパー32Xの翌年になります。恐らく海外ではまだまだ現役だったGENESISの延命措置的な感じでソフトがそのまま使えて、携帯ゲーム機として使えて、TVに繋いでも出来るいいとこ取りでヨシ、コレハウレルヨ!!と発売したのではないでしょうか。
実際には大ヒットとはならなかったようですが、今になるとオシャレなフォルムで十分今でも使える性能、何だか所有してるのが嬉しくなるゲーム機です。
これもメガドラファンで迷っているなら購入して絶対に後悔は無い!!(と思います・・・)

ギャラクシーフォース(GALAXY FORCE)移植作 各機種比較 1988年4月 セガ

ギャラクシーフォース(GALAXY FORCE)移植作 各機種比較 1988年 セガ

画像

セガの体感ゲームシリーズギャラクシーフォースです。移植版色々持ってますのでどんな感じか見比べてみようとクローゼットから出しました。

画像

さあやるか!!と思いましたが、PS2版にマスターシステム版とメガドライブ版収録されてたんですよね。すっかり忘れてました。写真はサターン版以外PS2版になります。

画像

マスターシステム版タイトル画面。紛れもなくギャラクシーフォースです。

画像

ステージ選択 そうそう、アーケード版もこんな感じです。

画像

ステージ開始 アーケードとは演出が違うのも仕方無いです。

画像

SCENE A   ・・・これギャラクシーフォースか??

画像

惑星内部   写真では分かりませんが画面がチラチラビカビカと・・ポケモンショックが起きそうです。

画像

SCENE B  少しアーケードの雰囲気になってきました。

画像

SCENE C  ゲームはギャラクシーフォース風味のアウアーアーアーみたいな感じでしょうか。

画像

SCENE D  ステージは4ステージ構成です。

画像

メガドライブ版 タイトル画面

画像

ステージ選択  イイ感じじゃないでしょうか。

画像

ステージ開始  ちょっと寂しい感じですね

画像

SCENE A  オオ!!ギャラクシーっぽい!!MSのが酷かったから余計良く見えます。

画像

惑星内部  ポケモンショックは無くなりましたがチョット寂しい。

画像

SCENE B  これも雰囲気出てますね

画像

SCENE C  地表のシマシマ模様での表現が残念です。

画像

SCENE D  メガドライブでは頑張った方でしょうか。

画像

SCENE E  MSに比べたら雲泥の差です。ギャラクシー遊んだ感じしますね。

画像

セガサターン版 タイトル画面  サターン版はだいぶ良かった記憶が。。

画像

ステージ選択 快調、快調、この調子で行くぞー!!と思ったら・・・

画像

ギョエー!!!何なんだこのドでかいPAUSEの文字!!画面も暗くなってるし・・・写真撮れずここで断念。。

画像

まあ、気を取り直してアーケード版(PS2収録)に行きましょうか。

画像

ステージ選択

画像

これまたギョエー!!! ポーズかかんないじゃん!! これにて終了。。。

総評
体感ゲームバブルの申し子とでも言いましょうか、当時とにかく筐体もどでかくてグルグル回ってゴージャスな感じでした。(プレイ料金もゴージャスでしたが・・)こんなの出たら次の体感ゲームどうなっちゃうんだろう?とワクワクドキドキ出来たいい時代でした。
ゲームは3Dタイプのシューティングで目新しい感じはしなかったのですが、独特の世界観と大人っぽいミュージックがマッチしており、高いながらもついついプレイしていました。
マスターシステム版は海外のみの発売でしたが日本のFM音源にも対応していて音楽は凄くいい感じです。自分はメガドライブ版よりイイと感じました。無茶移植ですが今になるとこれはこれでアリと思ってしまいます。
メガドライブ版もメガドライブにしては頑張ってるなと思いますが、当時の定価が8400円なのでこれは高えなあと思います。劣化移植作品でこの値段だったら他のゲーム買った方が良かったのではないでしょうか。
アーケードから10年後のサターン版は楽しくプレイしました。その時点で10年前のゲームの移植でしたからアーケードソックリに感じましたがそうでも無かったようで、更に9年後の2007年にPS2版が発売されています。
PS2版はアーケード完全移植を謳い、オリジナルモード・サターン版・マスターシステム版も収録で2625円。後半のセガエイジスシリーズは本当に神の出来栄えですね。

当ブログ 移植作 各機種比較
大魔界村 http://min38.at.webry.info/201103/article_7.html
アウトラン http://min38.at.webry.info/201105/article_2.html
獣王記 http://min38.at.webry.info/201105/article_8.html
フォゴットンワールド http://min38.at.webry.info/201106/article_3.html
エイリアンシンドローム http://min38.at.webry.info/201107/article_2.html

任天堂 ヒストリーコレクション ファミリーコンピュータ編 (ファミコン編)

任天堂 ヒストリーコレクション ファミリーコンピュータ編 (ファミコン編) タカラトミー 1個200円

画像

シリーズ3回目となりましたゲーム機ガチャガチャシリーズですが、一番思い出深いゲーム機でもありますファミリーコンピュータ編となります。

画像

ファミコン・ベーシックとデータレコーダー・ディスクシステム・ツインファミコン・AVファミコンとシークレットになります。

画像

ファミコンです。ソフトがスーパーマリオ、RFスイッチがセットです。

画像

ファミリーベーシック・データレコーダー・カセットのセットです。

画像

ディスクシステムです。残念ながらディスクソフトは付きません。

画像

ツインファミコンです。マリオブラザーズのカセット付き。

画像

AV仕様ファミコンです。カセットはスーパーマリオ3になります。うちではこれ使ってます。

画像

シークレットです。ファミコンじゃねえか!とよくよく見ますと初期の四角ボタン仕様になっています。カセットはドンキーコングになります。

画像

ノーマルとシークレットの違いですが、前面のFAMILY COMPUTERロゴの部分にノーマルはFFマーク(ファミコンファミリーマーク)がありますがシークレットにはありません。細かいですね。

画像

合体編 ファミコン+ディスクシステム

画像

合体編 ファミコン+ベーシック

画像

合体編 AVファミコン+ディスクシステム

画像

うちで使ってる本物と並べてみました。

画像

ついでに他のゲーム機と並べてみました。ツインファミコン(実機)が欲しいなあと思ってましたが結構デカイですね。メガドラよりもデカイのか・・・と買うのを躊躇しています。

総評
これも良く出来ていますね。ファミコンはコネクタのフタが付いていたりイジェクトスイッチが動いたりと細かく出来ていますし、うちには無いベーシックやツインファミコンがずいぶんデカイとい事も分かりました。
ただ、造りこみは1回300円のスーパーファミコン
当ブログこちらで紹介 http://min38.at.webry.info/201103/article_5.html
また、1回200円ながらCDトレイまで開閉するメガドライブ・メガCD
当ブログこちらで紹介 http://min38.at.webry.info/201104/article_9.html
も負けてはいない感じです。
この辺りはゲーム機の思い入れと比例するのかもしれません。是非見比べて理想の一台を見つけて下さい。

パワードリフト(POWER DRIFT)PCエンジン、セガサターン版

パワードリフト(POWER DRIFT)セガ アーケード版1988年8月
PCエンジン版1990年4月13日 発売アスミック
セガサターン版1998年2月26日発売


画像

パワードリフトは大好きなアーケードゲームです。難易度もそんなに高くなく気軽に遊べ、ノリノリのBGMに底抜けに明るい雰囲気とキャラクター。レースゲームとしては大味で面白く無いという方もいるかもしれませんが、ジェットコースター感覚のアウトランと言いますか、1プレイ5分程度でスカッと遊べる感じが良かったです。

画像

初めての移植版はPCエンジン版でした。さすがにPCエンジンでパワードリフトはキツイだろう・・・と思いました。当時積極的にPCエンジンにセガのゲームを移植していたNECアベニューでは無く、アスミックというのも不安を増大させました。

画像

ドライバー選択画面です。アーケード版と違いコース選択は無く、全9ステージとなります。

画像

スタート場面です。アーケードはコースごとに音楽が違いますがPCエンジン版はメドレーになっています。

画像

画面の雰囲気は、パワードリフトです。

画像

障害物も結構大きく表示され、PCエンジンとしては頑張っています。

画像

上り坂もこんな感じで表現されてます。

画像

敵車がアップになると順位や速度表示が消えてしまいます。

画像

ステージクリア画面です

画像

全て1位通過するとアーケード同様エクストラステージが遊べます。自機がアフターバーナーの飛行機に変化します。

画像

エンディングです。

画像

セガサターン版です。

画像

コース・ドライバー選択画面です。

画像

Cコース ステージ1

画像

ステージ2

画像

ステージ3

画像

ステージ4

画像

ステージ5

画像

ステージクリア

画像

エンディング

総評
PCエンジン版は、静止画は結構雰囲気出てますし、よく頑張って移植されてるなあとは思います。
けど、正直ゲームとして面白く無いんですよね。。。スピード感も無く、ライバル車との駆け引きも無く、ダラダラ続く感じです。以前紹介した見た目よりもゲーム性重視のメガCDのナイト・ストライカー
http://min38.at.webry.info/201104/article_3.html
とは真逆に感じてしまいます。
しかしながら当時は「なんじゃコリャ?ふざけんなよ~」と思えた移植作品も、今となってはこの無茶移植自体が愛おしく感じてしまいますから不思議です。
アーケード版から10年後の移植であるセガサターン版はフレームレートなどアーケード版とは違いがあるようですが、私には十分な移植作で今でも時々遊んでいます。完全移植に近いドリームキャスト版(鈴木裕ゲームワークス)は残念ながら持っていませんので・・・。

SNK アーケードクラシックス ゼロ PSP版 SNKプレイモア 2011年4月21日発売

SNK アーケードクラシックス ゼロ (SNK Arcade Classics 0)
PSP版 SNKプレイモア 2011年4月21日発売


今日、家に帰ると包みが届いていました。何か買ってたっけなあ・・・と開けてみると

画像

PSP用のSNKアーケードクラシックスゼロが入っていました。ずいぶん前に注文したのですっかり忘れていました。

画像

パッケージ裏面です。80年代のSNKのゲームが豪華20本入りです。個人的にはパッケージのイラストが今風すぎるのが残念。当時のポスター画などが良かったです。

画像

タイトル画面です。PSPですからスクリーンショットでも取り込めばいいのでしょうが、実機にこだわり今回もレグザのポータブルズームで勝負します。(なんの勝負だ?)

画像

自分がプレイしてたゲームのみ紹介します。1985年 TANKです。

画像

このゲーム、ずっとタンクだと思ってましたが取説にティー・エー・エヌ・ケーと有りました。26年目の真実・・・

画像

画面の映り込みが多いのでトリミングします。1985年ASOです。

画像

ファミコン版が結構ショボくてアーケード版は超美麗なイメージでしたが今見ると記憶程美麗では無く思い出補正を感じました。

画像

1986年 怒 IKARI です。当時大ヒットだった記憶があります。SNKの代表作でもあるのではないでしょうか。

画像

当時はランボー(スタローン)やシュワちゃんみたいなキャラクターのゲームがやたら多かったですね。

画像

1986年アテナです。

画像

スーパーマリオのヒットでこの手の横スクロールアクションも多かったですね。中でもアテナはヒット作だと思います。RPG要素(バイタリティ制や武器によるパワーアップ等)も取り上げられていましたが、何といってもミニビキニのアテナのキャラが当時のゲーム少年達の心を鷲掴みにしたのでしょう。

画像

1986年怒号層圏です。

画像

怒Ⅱではなく怒号層圏。名前のインパクトもさることながら、音声合成でキャラが喋ったり派手なパワーアップなど印象深い作品です。

画像

1987年バミューダトライアングルです。タイトルにピンと来ましたがゲームしたらピンと来ない。この時期ミステリーサークルだのウンモ星人だのオカルトめいた物に心をトキメカせる時期だったのでしょうか。

画像

1987年サイコソルジャーです。

画像

今回の目玉作品でもあるのではないでしょうか。恐らく移植作品は無く、初めての移植だと思います。移植されない理由が清水香織さんが歌うBGMの著作権問題があるのではないかとも噂されていましたが24年越しに無事移植されました。このPSP版もバンバン歌ってますが、アーケードと同じく清水香織さんの歌声かどうかは残念ながら私の耳では分かりませんでした。

画像

1987年ゲバラです。

画像

ゲバラさんが主人公ですが、実名出しててゲバラさん(の身内の方)に許可貰ってるのでしょうか?

画像

ゲーム自体はSNKお得意の戦争アクションです。

画像

1988年脱獄です。

画像

良く覚えてないのでプレイしてみたら、ファイナルファイトみたいな感じでした。あの頃多かったファイナルファイト風ベルトスクロールかと思いましたが時期を見たらファイナルファイトより前の作品ではないですか!ダブルドラゴン風ベルトスクロールアクションと訂正させて頂きます。

画像

1989年原始島です。SNKのこのタイトル画面見覚えあるよ、怪獣が戦う奴だろ!!とプレイしてみたら・・・

画像

なななんと!!横スクロールシューティングではありませんか!!完全に勘違いでした・・・
写真がボケているのも多いですが、ポーズ機能が無い(中断するとメニュー画面になる)のでお許し下さい。

総評
ここには載せて無い物も含め、80年代のアーケードゲームが20本収録されてます。家庭用ゲーム機に初移植作も多く、変なロックや隠し要素が無く、好きなゲームがいくらでも遊べるのも潔いです。素晴らしい1本だと思います。
もともと海外版で発売したものの日本版だと思いますが(一部海外版収録の為。間違えてたらすみません)発売してくれただけで感謝、感謝です。私は3821円で購入しましたがコストパフォーマンスも文句無しです。SNKプレイモアさんに素晴らしい!!とコメント書いてハガキでも出すかと思いましたがハガキは同梱されてませんでした・・・。
唯一出来ればPS2で発売して欲しかったと思いましたが、PSPをテレビに繋いでもレグザのポータブルズームなら大画面でプレイ出来るので問題無し。こんなに満足したレトロゲーム集は久々です。
サイコソルジャーの収録可能ならタイトーメモリーズのレインボーアイランドも元々の音源で発売して欲しかったと余計な欲まで出てしまいました。
写真がテレビ画面の為汚くてスミマセンが、ボケた写真を切り貼りするうちにまるで自分が当時ボケボケの写真も使っていたBeepのライターになった気分まで味わってしまいました。ライター気分まで味あわせてくれてアリガトウ!と言いたいです。

ワンダースワン (Wonder Swan) 各機種比較 バンダイ

ワンダースワン (Wonder Swan) 各機種比較 バンダイ
バンダイが発売した携帯型ゲーム機、ワンダースワン・ワンダースワンカラ―・スワンクリスタルのワンダースワン3兄弟です。

画像

梱包です。FFⅡ同梱版がカラ―になります。

画像

ワンダースワンです。1999年3月4日発売。定価 4,800円。モノクロ液晶画面です。

画像

ワンダースワンカラ―です。2000年12月9日発売。定価6800円。カラー液晶になりました。

画像

スワンクリスタルです。2002年7月12日発売。定価 7800円。カラ―液晶が変更されましたが輝度調節が出来なくなりました。

画像

スワン本体 アップ

画像

スワンカラ―本体 アップ

画像

スワンクリスタル本体 アップ

画像

3体並べてみました

画像

裏面です

画像

並べて電源入れてみました。(白黒が魔界村・カラ―がキン肉マン・クリスタルがドラえもん)
何とか画面写真を撮りたいと思いましたが、カメラや周辺の景色が入り込みなかなか上手く撮れません。苦労して撮影しましたが液晶画面の為角度によっても見え方が違いますので参考として見て頂けたらと思います。
3機種の違いが分かって頂けたら幸いです。

画像

ソフトは全機種対応のポケットの中のドラえもんです。スワンタイトル画面です。

画像

スワンカラ― タイトル画面(カラ―は輝度調節出来ますので丁度いい所に合わせています)

画像

スワンクリスタル タイトル画面(スワンクリスタルは輝度調節が出来ません)

画像

スワン ドラえもんロゴ

画像

スワンカラ― ドラえもんロゴ

画像

スワンクリスタル ドラえもんロゴ

画像

スワン デモ画面①

画像

スワンカラー デモ画面①

画像

スワンクリスタル デモ画面①

画像

スワン デモ画面②

画像

スワンカラ― デモ画面②

画像

スワンクリスタル デモ画面②

総評
デザインもオシャレで価格も安く、小さくて軽い。縦横使えて縦型画面のゲームが遊べる等の特徴を持ち、スクウェアが参入してファイナルファンタジーが遊べるなど一時輝きを放ちましたが結局市場からフェードアウトする結果となりました。メーカー側としては独自のマーケティングでイケる!と思って仕様を決めて発売したのでしょうが、やっぱり時期が悪かったんじゃないかなあと思います。
わがブログの年表
http://min38.at.webry.info/201102/article_1.html
で見ますと、ワンダースワンが発売された1999年3月の時点で既に半年前には王者任天堂のゲームボーイカラーが発売されています。奇しくも同月にはネオジオポケットカラ―も発売されており、時代は明らかにカラ―化に向かっている時期にモノクロでの発売。カラーの前には低価格・小型等のメリットもかすんでしまった気がします。(余談になりますがこの時点でドリームキャストの後というのも個人的にはビックリですなあ)
翌年にはカラ―を発売したものの、液晶画質がイマイチでキラーソフトも無く乗り切れない所に、半年後には王者任天堂のゲームボーイアドバンスが発売され勝負ありといった感じではないでしょうか。
スワンクリスタルはワンダースワンファンへの最後の贈り物に思えます。
しかしこの頃は各社入り乱れてハードが発売されていて本当に面白い時期だったと思います。
ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでワンダースワンソフトを配信したらどうでしょうか。アーケードと全然違う魔界村なんか面白いと思いますが。。。

セガ ヒストリー コレクション メガドライブ メガCD編 

セガ ヒストリー コレクション メガドライブ メガCD YUJIN

画像

以前、ガチャガチャでスーパーファミコンのミニチュアを買いましたが
(その時の記事 http://min38.at.webry.info/201103/article_5.html
余りに出来が良かったので他のシリーズも欲しくなってしまい、今回は思い入れの深いセガ編を購入しました。

画像

今回購入はメガドライブとメガCDです。YUJINで定価200円です。同じSR SERIESのマークが付いていますが前回のスーファミはタカラトミーなので製造元と発売元が違うのでしょうか?

画像

メガドライブです。本体・カートリッジ・コントローラー(3ボタン)・メガアダプタがセットになってます。(スミマセン写真では間違えて6Bパッドになってました)付属ソフトがエイリアンソルジャーってのもメガドライバー向けという事でしょうか。

画像

メガCDです。本体・CDケース・CD・6Bパッド・スーパー32X・スーパー32X用カートリッジがセットです。

画像

メガドライブにカセットを差しました。

画像

裏面です。拡張端子のフタもちゃんと脱着出来ます。

画像

メガドライブ+メガアダプタです。

画像

メガドライブ+スーパー32Xです。

画像

メガドライブ+メガCDです。

画像

メガドライブ+メガCD+メガアダプタです。

画像

メガドライブ+メガCD+スーパー32Xです。

画像

本体アップ

画像

コントローラー2種類

画像

メガアダプタはフタも開閉します。

画像

メガドライブ+スーパー32X実機と並べてみました。

画像

大きさの違いを見て下さい。

画像

兄貴を見上げるチビですね。

総評
いや~、余りの出来の良さに悶絶する思いです。1個1個の出来も良く、開閉する所などもしっかり造り込まれています。パッと写真見ただけでは本物と見分け付かないレベルじゃないでしょうか。
しかも、色々組合せを変えてメガタワーまで作れてしまう。これだけ遊び甲斐のあるゲーム機のミニチュアはそうそう無いのではないでしょうか。
同シリーズは他にマークⅢ、マスターシステム、サターン・ドリームキャストが有りますがマークⅢかマスターシステムがあればメガアダプタにマークⅢ用カセットが差せますので是非チャレンジしてみたいと思います。
これで遊んでいてふと思いましたが、どこかのメーカーさんでPCエンジン編作ってくれないでしょうか??
LT+アダプター+SUPERCDROM2とか、SG+アダプター+CDROM2とか、メガタワーに負けない位接続のコンビネーションが楽しめそうです。

当ブログ内に同じガチャガチャのシリーズで
ファミリーコンピュータ編
http://min38.at.webry.info/201104/article_13.html
スーパーファミコン編
http://min38.at.webry.info/201103/article_5.html
もあります。

ゲームウオッチコレクション(GAME&WATCH COLLECTION)+DSでゲームウオッチ

ゲームウオッチコレクション(GAME&WATCH COLLECTION)+DSでゲームウオッチ

前々回 http://min38.at.webry.info/201104/article_6.html
前回  http://min38.at.webry.info/201104/article_7.html

の更に続きとなります。
折角ここまでやったんだからとDSのゲームウオッチを集めてみました。

画像

クラブニンテンドーの景品のゲーム&ウオッチコレクション(GAME&WATCH COLLECTION)です。
これを貰う為にあんまり欲しく無いゲームも買いましたが、オークションで買った方が安かったです。

画像

タイトル画面です。3本収録です。

画像

オイルパニックです。

画像

ドンキーコングです。

画像

グリーンハウスです。

画像

2のタイトル画面です。2本+オリジナル1本です。

画像

パラシュート・オクトパスの通常プレイ画面はこんな感じです。

画像

パラシュート拡大

画像

オクトパス拡大

画像

オリジナル パラシュート×オクトパスです

画像

DSIウェアでもゲームウオッチが配信されています。1本200ポイントとなります。

画像

スタート画面です。

画像

プレイ方法が見れます。

画像

DSIウェア ドンキーコングJr

画像

DSIウェア マンホール

画像

DSIウェア ヘルメット

画像

DSIウェア シェフ

画像

DSIウェア マリオズセメントファクトリー

画像

おまけ DSソフト 楽引き辞典に収録のマンホール

画像

おまけ 唯一所持している実機 クラブニンテンドー景品のボール

総評
3回にわたりソフト上のゲームウオッチを見てみましたが、結構たくさんありますね。
元々単純なゲームウオッチの実機ですが、ゲーム機上の再現ではゲームボーイ・GBカラ―・アドバンス・DSと表現力が上がってきているのが分かります。(本当はゲームボーイ用はゲームボーイ実機の方が白黒液晶でゲームウオッチの雰囲気が味わえます)
実機はすでに骨董品的な味わいになって来てますから、余程思い入れが無いならばこれらのソフトでチョット懐かしさを味わうのもいいと思います。
ただ、これだけゲーム機が進化して容量も大きくなってますから、1本200円とかセコイ商売してないで、発売した全てのゲームウオッチを収録したゲームウオッチミュージアムみたいなソフトを1本2000円位で出して欲しいなあと思います。任天堂さん、是非検討して下さい。

ゲームウオッチギャラリー4(GAME&WATCH GALLERY4)

ゲームウオッチギャラリー4(GAME&WATCH GALLERY4)2002年10月発売 海外のみ

前回 http://min38.at.webry.info/201104/article_6.html の続きとなります。

画像

ゲームボーイアドバンス対応となった海外版ゲームウオッチギャラリー4(GAME&WATCH GALLERY4)です。

画像

ファイア・マリオズセメントファクトリー ・ドンキーコング3・ レインシャワー・ボクシング・ドンキーコングJrが収録されています。

画像

ファイアです。ゲームボーイギャラリーにも収録されていますが、グラフィックが相当向上しています。本物のゲームウオッチだと液晶パネルのパターンが透けて見え、動きが先読み出来ますがその液晶パターンも再現されています。

画像

ボクシングです。2人プレイも可能。調べてみますとファミコン発売後の1984年7月発売のようです。さすがにこれはプレイした記憶がありません。

画像

レインシャワーです。海外のみ発売。洗濯物を左右にずらして雨がかからないようにするという何とも不思議な設定です。この世界観は昔の洋ゲーのようです。

画像

マリオズセメントファクトリーです。これも見た事ないですね・・・マリオの名前ですがキャラもあまり関係無いような・・

画像

ドンキーコングJrです。ゲームボーイギャラリー3よりグレードアップしてます。

画像

ドンキーコング3です。殺虫剤打って虫を相手の方に追いやる内容で、これまたドンキーコング関係無いんじゃないかと・・・

画像

隠しタイトル シェフ

画像

隠しタイトル マリオブラザーズ。

画像

隠しタイトル ドンキーコング

画像

隠しタイトル オクトパス

画像

ギャラリーモードです。

画像

他のゲームが見れます。

総評
これはアドバンス用ソフトなので現役ゲーム機のニンテンドーDS、DSLiteでプレイできます。
画面も今プレイしても十分な綺麗さで、携帯ゲーム機で気軽に暇潰しにプレイするのにちょうどいいですからゲームウオッチ世代なら懐かしく楽しめると思います。ただ、海外用ソフトなのでなかなか手に入りにくいのが最大のネックです。どうしてこの手のソフトは海外専用が多いのか・・・。採算もあると思いますがファンサービスで発売して欲しいと本当に思います。
あと、ギャラリーモードのゲームもプレイ出来るみたいですが、自分のは出来ないのでやり込みが足りないのでしょうか?しかし、本編より隠しの方が多いってのも何だか不満ですな。ケチケチしないで最初から全部遊べればいいのに。
是非とも3DS版バーチャルコンソールで出して欲しいと思います。

ゲームボーイギャラリー&ゲームウオッチギャラリー(GAME&WATCH GALLERY)

ゲームボーイギャラリー&ゲームウオッチギャラリー(GAME&WATCH GALLERY)

私のゲーム人生の原点であるゲームウオッチ(GAME&WATCH)。
当時小学生だった私には大人っぽくオシャレなデザインとゲームの面白さにたちまち虜になってしまいました。
当時はなかなか買って貰えなかったので、大人になりゲームボーイで出た際には
「さすが任天堂!!分かっていらっしゃる!!」と大興奮した訳です。

画像

ゲームボーイ用で1と2、ゲームボーイカラー用で3が出ました。ゲームボーイアドバンス用の4(GAME&WATCH GALLERY4)は海外版でしか出ませんでしたので、
「んだよ任天堂、分かってねえなあ!!」とブツブツ言いながら秋葉原に買いに行きました。

画像

ゲームボーイギャラリーです。(写真はゲームキューブ+ゲームボーイプレイヤーでレグザ画面を撮影)

画像

収録ソフトは4本です。むかしといまの2モードありますが、当ブログではむかしで攻めます。

画像

マンホールです。

画像

ファイアです。

画像

オクトパスです。

画像

オイルパニックです。

画像

ギャラリーコーナーです。

画像

ゲームウオッチの解説などが見れます。

画像

ゲームボーイギャラリー2です。

画像

収録ソフトは5本です。

画像

パラシュートです。

画像

ヘルメットです。

画像

シェフです。

画像

バーミンです。

画像

ドンキーコングです。

画像

ギャラリーコーナーです。

画像

伝言板などがあります。

画像

ゲームボーイギャラリー3です。カラー対応になり1・2より画面がグレードアップしています。

画像

収録ソフトは5本+隠しソフトがあります。

画像

エッグです。(日本ではミッキーマウスでした)なんでこんなグロテスクなキャラに差し替えられているのか・・・

画像

グリーンハウスです。

画像

タートルブリッジです。

画像

マリオブラザーズです。

画像

ドンキーコングJrです。

画像

ギャラリーコーナーも充実しています。

画像

海外発売ゲームも紹介されています。ドンキーコングサーカスとこれまたスゴイ・・・

画像

隠しゲーム フラッグマンです。

画像

隠しゲーム ジャッジです。

画像

隠しゲーム ライオンです。

画像

隠しゲーム  スピットボールスパーキーです。他にドンキーコング2というのが有るみたいですが隠れて出てきてません。。。

ゲームウオッチギャラリーまで一気に載せようと思ったのですが量が多くなってしまったので続きは次回にします。

総評
ゲームに理解の無い両親だったのでこの中ではグリーンハウスとライオンの2個しか持っていませんでした。この頃の買い方だと友達同士ダブらないように買っていたのでこの2個になったのだと思います。
ただ、幸運にもこの時期同級生に弁護士の息子が居まして(且つ3兄弟だった為)ゲームウオッチを始めLSIゲーム等数百個持っていたのでありとあらゆるゲームがプレイ出来るという非常に恵まれた環境でした。スピットボールスパーキー以外は実機プレイしています。
ファイア・オクトパス・パラシュート等相当やり込みましたが、何と言ってもドンキーコングが出た時のインパクトは凄かったですね。クラスの男子の半分以上持っていたのではないでしょうか。
・・・とここまで書いて全然ゲームボーイギャラリーに触れていない事に気づきました。ゲームボーイギャラリーは出た時は嬉しかったですが、今となってはゲームボーイ(カラ―)でしか遊べないのがキツイです。DSでもっと移植度の高い物がでてますのでそちらの方がおススメでしょうか。その辺りは次回紹介したいと思います。

ゲーセンバンク テトリス

ゲーセンバンク テトリス  2008年11月下旬に4179円で発売されたらしい

今日、子供がノートを買いたいので近くのショッピングセンターに連れてけと言うので出かけた所、文具売り場の横のおもちゃ売り場のワゴンでこんな物を見つけました。

画像

ゲーセンバンク テトリスです。もう1種類ブロックくずしもありました。ワゴンに山積みになってました。

画像

処分セールみたいで価格が500円です。あんまり安すぎるし、山積みだし、見た事も無いメーカーなのでバッタ物かと不審に思いましたが、人生銀行やバンクエストなどこの手の貯金箱を購入している私は500円ならまあいいかと思い購入しました。

画像

早速梱包を開けてみました。

画像

そしたらいきなり取り説がビリビリです。んだよ~、交換して貰うかとも思いましたが500円を思えば全てが我慢の範疇です。

画像

正面です。

画像

横です。

画像

斜めからです。

画像

操作部です。

画像

裏面です。

画像

余談になりますが、この商品は単2電池4本で動作します。商品を買ったものの、電池がどこにも売ってね~~~!!初めて今回の大震災で必要な物が手に入らない事態に遭遇。店を5件程はしごして、ディスカウントショップでようやく購入出来たのがこの今まで見た事も無い東芝の電池でした。中国からの緊急輸入品でしょうか。

画像

電池入れたらゲーム画面になりました。んが、お金入れて無いのに・・・と取り説を良く読みますと、この貯金箱は1回お金入れたら(1クレジットしたら)1ゲームかと思っていたのですが、1回お金をいれると電源が入って以後フリープレイとなり、3分やらないと電源が落ちるという仕様でした。

画像

操作はアーケードテトリスに近い感じです。

画像

レバーを下に入れるとテトリミノが早く落ちます。上に入れると遅く落ちます。

画像

箱には3分間テトリスと有りますがモードが3つあり、
1・アーケード版と同じようにひたすらプレイ
2・3分間タイマーでレベル判定される
3・40ラインのタイムを競う
と充実しています。

画像

結構熱中してしまいました。

総評
ハッキリ言ってネタで購入しましたが、なかなかの一品です。
アーケードゲーム機の筐体を模したデザインもなかなかですし、レバーとボタンの反応も上々。人生銀行やバンクエストと違ってカラーの大型液晶で画面も見やすいです。
肝心のゲーム部分も操作がセガのアーケード版と同じような感じで十分遊べます。
問題点としては、やっぱり貯金箱だしアーケード筐体1コイン1プレイという形にして欲しかった事くらいです。
・・・とベタ褒めしましたが、問題は価格ですね。
帰ってアマゾンで調べたら4260円で売ってるのがありました。
個人的には4000円は高いかなあと思います。500円だったからこんなに満足度が高いのかもしれません。
適正価格は人それぞれなので何とも言えませんが、500円だったら買って損なしだと思います。

PS one COMBO (PS one コンボ) with ゲスト セガサターン

PS one COMBO (PS one コンボ) 2001年11月22日発売 18900円

画像

PS one COMBO (PS one コンボ)としての発売は2001年11月22日ですが、PS one自体は2000年7月7日発売となっています。
わがブログの年表 http://min38.at.webry.info/201102/article_1.html と照らし合せて見てみますとPS2発売後に出てますのでスーパーファミコンに対するAVファミコン(ニューファミコン)のようにゲーム好きにはPS2、ゲーム入門者にはソフトも揃っていて価格も安いPS oneといったすみ分けで発売された商品かなあと思います。

画像

PS one 本体部分です。

画像

液晶モニター部分です。

画像

後ろ姿です。

画像

液晶モニターを閉じた所です。一体感が有り素晴らしいデザインですね。

画像

おなじみの起動画面です。(この後の写真はブラウザによって縞模様が目立ちますが拡大すると目立ちませんのでクリックして拡大して見て下さい。)

画像

起動画面のあと、この画面になります。かなり細かく画面の明るさが設定出来ます。一番明るくしたところです。

画像

一番暗くしたところです。

画像

ナムコミュージアムシリーズを起動しました。

画像

パックマニアです。

画像

通常この様な横画面がデフォですが

画像

ナムコミュージアムはソフトによってアーケード仕様の縦画面が選べます。

画像

実際のモニターを縦置きするのは難しいですが、COMBOならば縦画面も楽しめますね。

画像

ドラゴンスピリット横画面です。

画像

ドラゴンスピリット横画面 その2

画像

そしてドラゴンスピリット縦画面。やっぱりこれがアーケード版ですね。

画像

COMBOも外部ビデオ入力がついており、液晶モニターとして利用出来ます。
比べちゃいけないかもしれませんがゲームギアや
http://min38.at.webry.info/201103/article_2.html
PCエンジンGT
http://min38.at.webry.info/201104/article_2.html
と比べても比較にならない位綺麗に出力出来ます。
今回はセガサターンを接続しました。セガサターンと大きさの違いを見て下さい。

画像

かつてのライバル機、PSでSSを出力・・・何だか禁断のプレイのようで興奮しますね(アホ)

画像

縦スクロールシューティングの名作、レイヤーセクションです。

画像

久々にやっても面白かったです。

総評 
色々ゲームしましたが、本来 PS one COMBO の紹介でした。。。
PS oneはプレステかプレステ2(またはPS3でも)を持ってれば必要無いのに、所有欲をくすぐられる小型化されて可愛らしく素晴らしいデザインです。
それにプラスして本体のデザインに同化したメカニカルな液晶モニターと、更に物欲スイッチを刺激する古き良きソニーを思わせる(ソニーファンの方には申し訳ありませんが)素晴らしい商品だと思います。
今回、写真が思ったように綺麗に撮れず魅力の半分もお伝え出来ず申し訳無く思いますが、液晶の品質も本当に高く是非本物を見て欲しいと思います。欲しいと思っている方は買って損しないと感じます。

ナイト・ストライカー (NIGHT STRIKER) メガCD版

ナイト・ストライカー (NIGHT STRIKER) メガCD版 1993年5月28日発売

画像

メガCD版のナイト・ストライカーです。ナイトストライカーだと今まで思っていましたがパッケージを見るとナイトとストライカーの間に ・ を発見しました。今まで20年以上気づかないとは・・・

画像

             タイトル画面です。

画像

             デモ画面もちゃんとあります

画像
 
            プレイ開始です。

画像

              STAGE A CITYです。

画像

              STAGE A ボスです。

画像

              STAGE A クリア

画像

              コースは分岐式です。

画像

              STAGE B FACTORYです。

画像

              STAGE B ボスです。

画像

              STAGE D SEAです。

画像

              STAGE D ボスです。


画像

              STAGE G SUBURBSです。

画像

              STAGE G ボスです。

画像

             STAGE K TUNNELです。
            
画像

              STAGE K ボスです。

画像

            STAGEをクリアするとSHIELDが1増えます。

画像

                ラストステージPです。

画像

           ステージ最初にボスが表示されます。

画像

                STAGE Pです。

画像

               STAGE P ボスです。

画像

           クリアしたコースが表示されます。

画像

              エンディングです。

画像

            ネームエントリーです。

総評
私が高校生の頃、確か四街道のヤスダや大久保のゲーセンでプレイしてました。スペースハリアーが人生ベスト5に入る私にはスぺハリのオマージュ(と思われる)このゲームも大好きでした。イカス雰囲気、イカス音楽。ここにしかない世界観が最高でした。当時当たり前のようにプレイしていたナイト・ストライカーでしたがネットで見ますと出荷が303台と少なかったみたいで、あの頃のゲーセン環境は恵まれていたんだなあとしみじみ思います。
んで、このメガCD版ですが写真で分かるようにドットが相当荒く(写真を拡大すると良く分かります)、アーケード版から数年後の移植にも関わらず完全移植には程遠い出来ではあります。
当時はよくぞナイト・ストライカーを移植してくれた!!という喜びに溢れていて、ドットが荒いのも画像よりゲーム性を優先した結果だ!!と変なうんちくをたれ、自分に言い聞かせながらプレイしたものです。心の中では完全移植でなかった残念な気持ちを押し殺しながら。。。

しかしながら、現在PS2のタイトーメモリーズでアーケード版に変わらぬものがプレイ出来るようになったらなったで何か物足りない自分がいるんですよね。メガCD版の時の方が何と言うか、アツい熱気や開発の方々の思いがあったなあって。
思い出補正も含めた名移植だと思います。

PCエンジンGT (PC Engine GT) でタイムギャルをプレイ!!

PCエンジンGT (PC Engine GT) 1990年12月1日発売 44800円 NEC

画像

PCエンジンGT。スーパーファミコン発売の数日後に発売されてますね。
当時高校生だった私は家の近所のブラックキャッツ(俗にいうクロネコヤマト)でせっせとアルバイトをしゲームを買い集めてましたが、さすがに44800円(TVチューナーも買うと59600円!!)という高根の花だったコイツは残念ながら購入する事が出来ませんでした。
大人になってからオークションでお安く購入しましたが、当時どんな方がこれ購入してたのか気になります。

画像

PCエンジンGTとPSPにTVチューナーを付けた所です。

画像

TVのアンテナはなんと60センチもあります。電車で見るのは難しそうです。

画像

価格が高いだけあって、2カ月先に発売されたゲームギアよりも液晶が全然綺麗で今でも十分通用するレベルだと思います。

画像

TVチューナーを接続すると、これまた液晶モニターとして使用出来ます。繋ぎ方は以前のゲームギアと同じです。
今回はワンダーメガを接続しました。
PCエンジンGTとチューナー、ワンダーメガで計142400円と何とも豪華なコラボレーションですね。。

画像

メガCD版タイムギャルです。

画像

中学生時代にゲーセンで見た時、スゲー!!と大興奮でした。(注・別にキャラに大興奮した訳では無い)レーザーディスクのフルアニメーションで何だか未来を感じた訳です。

画像

ゲーム自体はあっち向いてホイ的な単純さでしたが。。。

総評
PCエンジンGTの魅力は、なんと言ってもこのフォルム。おもちゃっぽく無く、今見ても純粋にカッコいいゲーム機だと思います。当時は「高えなあ、誰がこんなもん買うんだよ」とやっかみ半分で思っていましたが、今になれば商売よりも当時の技術を惜しみなく詰め込んだんだなと関心します。(逆に言えばゲームボーイと同じ舞台では戦えないと判断したのでしょう)PCエンジン好きなら買って後悔しないと思います。(好きな人はもう持ってますね。。。)

当ブログで似たような記事
PS one COMBO でセガサターンをプレイ
http://min38.at.webry.info/201104/article_4.html
ゲームギアでゲームキューブをプレイ
http://min38.at.webry.info/201103/article_2.html