サンダーブレード PCエンジン版 おまけセガマーク3版もあるよ

画像

サンダーブレード セガ
アーケード版 1987年12月デビュー
マーク3版 1988年7月30日発売 
PCエンジン版 1990年12月7日NECアベニューより発売

画像

タイトル画面です

画像

ステージデモ画面

画像

ステージ1 2D ビルをアーケードの様に立体表示しています。が、アップダウンがカットされています。

画像

ステージ1 3D ペラペラながらもビル群を表現。こちらでは速度調節がカットされています。

画像

ステージ1 ボス 十分に雰囲気は出ています

画像

ステージ2 2D

画像

ステージ2 3D

画像

ステージ3 2D

画像

ステージ3 3D

画像

ステージ4 2D

画像

ステージ4 3D

画像

おまけ編 マーク3版タイトル画面

画像

ステージ1 2D 動きが軽くヘリっぽく無い上に攻撃が酷いです

画像

ステージ1 3D 自機がやられた際その場で復活しないのでなかなか進めません

画像

あっという間にゲームオーバー こんなトコばかり凝ってますね

画像

当時の雑誌広告 揺れる刺激を、完全移植! 完全移植って。。。

総評
1987年といえば体感ゲームシリーズでも1、2を争う人気のアフターバーナーがデビューした年です。アフターバーナーの後にひっそりとデビューしたサンダーブレードは筐体の動きも小さく、ゲームもスローテンポで派手さも無く、その上結構難しくて大ヒットとはなりませんでした。
その為か残念ながら今日に至るまで家庭用ゲーム機には完全移植作がありません。先に出ましたマーク3版は正直キツイ作品です。やたら難しく爽快感もありませんし、かつアーケード版にはタイトル画面以外似ていません。
随分あとに発売されたPCエンジン版もマーク3版に比べれば飛躍的にいい出来ですが、アーケード完全移植には程遠いです。
スペースハリアー・アウトラン・アフターバーナーと花形の3作は何回もアーケードと変わらぬクオリティで移植されていますが、私としては本作やスーパーハングオン、ターボアウトラン、アウトランナーズ等、大ヒットとはならなかった作品達もセガ・体感ゲームコレクションとして1本にして発売して貰いたいなあと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

なみのりしん
2011年08月23日 11:51
完全移植って (笑)
当時のセガは自社のアーケード移植が残念な物が多かったですね。
ただスペハリの移植は当時の8ビットマシンでは素晴らしかった。
マスターシステム後期のR-TYPEなんか非常に好移植でしたよ。
サンダーブレードのPCエンジン版があるとは知りませんでした。
じんぐうじ
2011年08月23日 23:05
すみませんが、MD版サンダーブレードは割愛したのでしょうか。
2011年08月24日 13:21
なみのりしん様 コメント有難うございます。
マーク3版ファンタジーゾーンやスぺハリは相当やり込み、セガの時代が来る!と信じていました。
晩年のR-TYPEはマーク3ファンに対する魂の移植作と思っていましたが、開発がコンパイルと聞いて何だセガじゃねえのかよと感じました。
2011年08月24日 13:25
じんぐうじ様 コメント有難うございます。
MD版も載せようか迷いましたが、タイトルもスーパーサンダーブレードで、ゲーム内容も明らかにアーケード移植では無くオリジナルだと判断して止めました。

この記事へのトラックバック