NG エヌジー ナムコ コミュニティマガジン (NG namco)

NG エヌジー ナムコ コミュニティマガジン (NG namco)

画像

1980年代~ナムコが主に直営のゲームセンター等で配布していた小冊子 NG(エヌジー)です。
当初は季刊として始まり、途中から月刊誌となり配布箇所も大きめのおもちゃ屋等にも置かれるようになりました。が、何と言ってもNGと言えば季刊時代でしょう。この季刊時代のNGには思い出が詰まっています。もっと所有していましたが親に捨てられたりと、残念ながら生き残っている季刊NGはこの4冊しかありません。

画像

裏表紙はナムコットの広告です。当時何とも感じなかった
2001年の大人(クリエイター)たちへ。というコピーを読んだだけで涙目になってしまいました。

画像

中は特集記事や、ナムコ最新作の紹介、小説、読者コーナー等多彩です。

画像

FCのワルキューレの紹介記事では左下にパッケージのボツイラストが。

画像

ロケーション通信では、各地のナムコ直営ゲームセンターの紹介が。

画像

読者コーナーです。

画像

巻末にはナムコグッズの通信販売が。ネット販売など無い当時は雑誌の通信販売は貴重でした。

画像

おまけですが、私も読者コーナーに掲載された事があり、送られてきた記念グッズのNG筆入れです。すでに四半世紀愛用しています。

総評
私が最初にファンになったゲームメーカーはナムコでした。友達もみんなナムコが大好きでした。私たちの年代でこの頃のナムコが嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。
ゲーム自体も素晴らしい作品を送り出していたのはもとより、ゲームセンターは不良の溜まり場みたいなイメージの時代に直営の明るいゲームセンター作りをして業界のイメージアップに努めたり、このNGやラジオWAアメリカンというラジオ番組の提供等でファンとの交流作りを行うなど、紛れも無く業界を引っ張るトップメーカーでした。
ラジアメの企画でナムコ本社の見学ツアーが有り、友達と行った際には将来は絶対ナムコに就職するんだ!!と大興奮で誓いあいました。

2001年の大人(クリエイター)たちへ。。。
あの頃夢に溢れていたナムコが2000年代にこうなってしまう事は当時夢にも思いませんでした。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック