PCエンジン スーパーグラフィックス (PCエンジンSG)

NEC PCエンジン スーパーグラフィックス (PCエンジンSG) 1989年12月8日発売 39800円

画像

私が所有しているハードの中でもPCエンジンは好きなハードのひとつです。晩年はギャルゲー機と揶揄されるPCエンジンですが、私がプレイしていた前半期はファミコンには移植が厳しいアーケードゲームが数多く移植され、大いに楽しませて貰いました。
当時パソコンで圧倒的シェアを保持していたNEC製とあって、数多くのバリエーションや周辺機器がありますが、その中でも1番ズッコケたのがこのPCエンジンSGではないでしょうか?
私が所有するハードの中で唯一全てのソフトをコンプリートしておりますが、その本数はなんと5本!!5本って一体・・・・
新ハード発売の際には普通発売日にそれ位用意するものではないものでしょうか?

画像

ズッコケた理由のひとつがこのフォルムではないでしょうか?当時としてはべラボーに高い39800円。それでいて高級感のカケラもありません。PCエンジンから、車のエンジンってそんなダジャレでデザインしますか普通?これが通るなら駅の形のプレイステーションや土星の形のサターン、家族の形のファミリーコンピューター等出来そうなものですが。。。
開発スタッフの中で発売前にやめた方がイイ!!って誰も言わなかったんですかね???これがDUOのようなオシャレデザインだったら普通のPCエンジン買おうって人が少しはこっちに流れたと思います。

画像

同時発売ソフト バトルエースです。

画像

当時よくあった疑似3Dタイプのシューティングゲームです。

画像

魔動王グランゾートです。

画像

アニメ作品のゲーム化のようですがアニメを知りません。横スクロールアクションです。

画像

大魔界村です。

画像

アーケードゲーム移植版で、移植は良く出来ていますがいかんせんアーケードから2年、メガドライブ版から1年遅れての発売の為、今さら感が否めませんでした。

画像

オルディネスです。

画像

オーソドックスな横スクロールシューティングゲームです。

画像

1941です。

画像

これもアーケード移植の縦スクロールシューティングです。移植は良く出来ていますが発売まで時間がかかった印象があります。

画像

両対応ソフト ダライアスプラスです。

画像

PCエンジン・SGのどちらでも遊べますがSGの場合写真のようにデカキャラもチラつかず表示されます。よく出来ていますが多少のチラつきがあってもCD-ROM2版のスーパーダライアスの方が曲がアーケードと同じ為、そっちをプレイしてしまいます。

総評
1989年12月発売という事でメガドライブやスーパーファミコンへの牽制を狙い発売されたのでしょうか。当時でもパソコンの世界では毎年のように新モデルが出ていましたのでNECとしてはこのようにバリエーションを増やしていくのは当たり前だったのかもしれませんが、私の周囲ではPCエンジンはどうせちょっと待てば新しいモデルが出るのではないかと買い控えが起きていました。(これはセガにも言えました)ポコポコ新しいハードが買えない子供たちにとって絶対に変わらない安心感、そこが王者任天堂の強みでした。
話は戻りSGは大魔界村や1941を遊ぶ為に購入した方が多いのでしょうが、今では両ソフト共コレクション系のソフトに収録されていたりもしますからね・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック